オンラインビデオプラットフォームのクラウド移行ソリューション

複雑かつクラウドに関する専門知識(shi)が求められるオペレーティングシステム全体のクラウドへの移行(xing)を6カ月という短期間で実施しました。

お客様の課題とご要望

ECやデジタルエンターテインメントの分野で活躍する国内トップ企業の事例です。現行の複雑な機能を持つシステム全体を、わずか6ヶ月という期間クラウド環境へ移行およびそのための20名(ming)のエンジニアを採用(yong)したいというご要望がありました。

クライアントは当時、システム運用のためのデータセンターを自前で構築していたため、コストに対してパフォーマンスが低(di)いという課(ke)題(ti)がありました。そのため、これらの課(ke)題(ti)に対処するために、システム全体を移行できるソリューションを求(qiu)めていました。このプロジェクトは、サーバー、データベース、フロントエンド、バックエンドなど、単一(yi)の機(ji)(ji)能だけでなく、システム全体をクラウドに移行する必要があり、非常に複雑でした。また、システム移行だけでなく、オンライン製品リリース、SEO、マーケティングなど、お客様のビジネスニーズに合(he)わせた新機(ji)(ji)能の開発も希(xi)望されていました。

ソリューション

プロジェクトの当初、従来のシステムのインフラストラクチャーが次のような理由から活用(yong)できないことが判明しました。旧式(shi)のシステムであり、なおかつクライアント側で過去の記述文書が保存されていなかったためです。したがって、ゼロからシステムを作り直(zhi)す必要(yao)がありました。

CMC Globalの開発チームは、まず、お客様の問題点を細(xi)かく分解し、コンサルティングを行いました。最初のステップでは、以(yi)前のOSを体験し、学ぶことから始めました。その後、インフラ全(quan)体のアーキテクチャを描き直し、パフォーマンスに影(ying)響を与えることなく、同じレイテンシーを確保しながらシステム移行を行うための合理的な解決策をお客様に提示しました。作業(ye)段階は以(yi)下の通りです。

設計→レビュー→実装→運用→改善

プロジェクト期間中は、毎(mei)日のミーティングの実施を通じて、プロセスのアップデート、レポートの作成(毎(mei)週)、デプロイメントプロセス中のバグの発(fa)見を実行しました。数(shu)ヵ月後には、プロジェクトチームが業務(wu)部門と直接連携できるようになり、お客様にとって貴重なコンサルタントとして認知されるようになりました。

新しい技術(shu)の検(jian)証・導入(ru)プロセスを経て、クラウドコンピューティング、Infrastructure as Code (Terraform, Ansible), AWS Serverless, CI / CD, Java, PHP, VueJSなどお客(ke)様(yang)の課(ke)題に適(shi)したものをデプロイしました。

数ヵ月後、私たちのプロジェクトチームは        ビジネス部門と直接仕事をすることができるようになり、クライアントにとって貴重な            コンサルタントであると認識されるようになりました。

成果

  • 約1000のVMおよびサービスをAWSに移行。
  • オンプレミスシステムと比較して、所有コストを60%削減。運用コストは、前システムから20%削減。