銀行システムにおけるeKYCソリューション

中国に拠点(dian)を置く最大手企(qi)業の1社(she)と協力し、同社(she)の異なる2か国の銀行(xing)システムにおいてeKYCソリューションを導入しました。

banking

お客様の課題と要望

中国(guo)に拠点を置く最大手(shou)国(guo)際企業の事例です。

2008年のリーマンショック以降(jiang)、金融(rong)機関にとってKYC(Know Your Customer)のコンプライアンス規範とマネーロンダリング防止は急(ji)務となっています。年間のコンプライアンス研修コストはスタッフ一人当たり約5000円/時間、必(bi)要な研修時間は5時間とeKYC(Electronic Know Your Customer)の流れはますます加速しています。

当時、2カ国の銀行に対してeKYCを導入しており、そのプラットフォーム開発をサポートする費用対効果の高いソリューションを求めていました。

ソリューション

当社の開発チームはお客様(yang)の要(yao)件(jian)に基(ji)づき eKYC ソリューションを開発しました。ここでは、デジタルプロセスにおけるバリューチェーンが安定した信頼性の高(gao)い展開を保証しました。それにより、機(ji)械(xie)学習(xi)、セマンティックウェブ技術ツール、自然言語処理(li)ベースの認知検索を実装することでコンテンツ管理(li)および処理(li)時間を改善しました。一方で、手続きはこれまで通り高(gao)い規制(zhi)順守を維(wei)持しています。 このプロジェクトでは、フレームワークのアジャイルとスクラムでMicroExpressionを使用し、最高(gao)品質(zhi)のサービスを提供しました。

成果

  • 安定した信頼性の高いロールアウトによるデータ管理の改善
  • 高い規制遵守率
  • 高い顧客満足度